swimming school スイミング・スクール

インフォメーション
RSS Feed Widget
水泳は、水の抵抗を受けながらの運動により体力向上、水圧を受けながら呼吸をすることでの心肺機能強化、皮膚を刺激することで体温調節機能を向上し風邪を引きにくくする等、水泳の効果は非常に大きいと言われています。
水泳は陸上運動と違い、一部の関節に負担をかけることなく、無理なく全身運動ができます。プールに通うことを普段の生活のリズムに組み入れることで、運動をする習慣が身に付き、泳ぎの技術習得だけではなく、運動不足解消、肥満予防にも効果的です。
スイミングスクールでは、泳力進級基準というものが設けられています。水泳という運動を通じて、泳力レベルに応じた目標を目指して練習し、それを達成していく喜びを学ぶことができます。物事をやり遂げることの大切さや、目標を達成するためには努力が必要なことも学ぶことができます。
スイミングスクールのレッスンを通じて、あいさつや整理整頓、整列や順番を守るなどを身につけることができます。

アックアセレーナのレッスンプログラム

ベビー(親子水泳)赤ちゃんにとってプールは、水と肌が触れ合う事で皮膚感覚が刺激され、脳と体が鍛えられ、自然な発育発達をより積極的に促します。
水の中で動くことは、簡単な全身運動ですので、赤ちゃんの睡眠と食欲に大きな影響を与えます。親同士のコミュニケーションもとれ、有意義な時間が過ごせます。
3才児3才児になると、言葉も上達し自分の気持ちを伝えることや、人の話を聞くことができてきます。また、ひとり遊びから徐々にお友達と一緒に遊ぶことを覚えるこの時期に、少人数でのグループレッスンは、子供にとって社会性を伸ばす良い機会になります。コーチと遊びながら、いろいろな水慣れにチャレンジしていきます。
ーーーーー選択できますーーーーー ✫「ベビーから4才まで、親と一緒にプールを楽しむクラス」
✫「3才児クラスでお友達やコーチとプールを楽しむクラス」
幼児足の届かないプールで、水慣れを中心に、溺れない技術を習得しながら、水泳技術を身に付けていきます。
同じ発育発達過程にある年齢のお友達同士で少人数制のグループレッスンを楽しい雰囲気の中で行っています。
学童神経系の発達は、幼少期から成長し10歳ごろには、成人の約90%に達します。水慣れから4泳法(クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ)習得を段階的に無理なく進めていきます。プール内での安全の確保の面からも、溺れない技術や体力もつけていきます。また、あいさつや整理整頓、順番を守ることやお友達と仲良く練習することなどの社会性も身につけていきます。
フィンスイミング足ヒレ(フィン)をはいて、速く泳ぐことを目的としたクラスです。片足ずつはく「ビーフィン」をはじめ、両足をそろえてはく「モノフィン」も取り入れています。
フィンスイミングの大会に出場します。
わんぱく水泳を通して、水に関わるいろいろな競技への関心を深めていきます。
毎月テーマを決めて水球やフィンスイミング、カヤック、日本水泳などにチャレンジしていきます。
選手育成競技の大会に出場し、全国大会出場を目指します。
  • 自分の立てた目標に向かって日々努力をしていきます。
  • 大会に出場することにより、選手としてのマナーを身につけます。
成人水泳生涯スポーツとして、水泳を生活に取り入れることで、健康維持や運動不足解消にも効果的です。
マスターズクラスでは、競技水泳も楽しめます。
トップへ